騎手の年収、収入ならBe-Jockey

騎手の年収について

騎手の年収・収入は、JRA及びNRA競走に騎乗した賞金での収入と所属厩舎の手伝い等が主になりますが、さらに細分化することが出来ます。
  • JRA及びNRA主催競走での賞金(進上金)
  • JRA及びNRA主催競走での騎乗手当て
  • 自厩舎所属の競走馬(サラブレッド)で出走した場合の騎乗契約料
  • レースが開催されない日に行う調教での調教料
競走に騎乗し競走で入賞すると、その競走の賞金が以下のように収入として入ります。

進上金(一般的には8着以内)として、入着賞金の数%(平地競走は5%、障害競走は7%)

また、競走に騎乗をした時点で発生する手当もあります。

騎乗手当(競走により異なり、1騎乗当たり数万円)

自厩舎所属の競走馬に騎乗した場合も手当が配当されます。

騎乗契約料(厩舎、騎手により違い、フリー騎手の場合は当然有りません)

そして、競走馬に調教を施すことによる収入があります。

調教料(1頭調教当たり数千円)※但し1日5頭までしか調教が出来ません

以上のことから、普段から多くの調教をし、賞金の多い競走に騎乗、勝利するほど収入が上がり、年収が高額になります。

武豊等有名ジョッキーの年収

JRA、NARを通して現役ジョッキーの中で最も有名な騎手といえば武豊騎手です。
厩舎に所属していないフリー騎手の代表格である

武豊騎手の年収は1億5千万円以上、雑誌やTV出演料等も含めると実に2億円以上

と言われています。
また、厩舎所属している代表格の福永祐一騎手でも1億円以上と、かなりの年収を誇っています。
このように、実力のある有名ジョッキーともなると、騎乗に関連する収入以外にも収入源があり、非常に年収が高くなります。

騎手の平均年収

一般的なJRA(中央競馬会)所属騎手の

月収は約400万円程度、年収にすると約5000万円といわれています。

リーディング(年間の勝利数が多い)上位クラスの

トップジョッキーにもなると一億円〜数億円の年収

があるともいわれています。
また、デビューしたての新人騎手は、騎乗するレースが少ないものの所属厩舎からの給与も
加わるため、年間で500万円以上稼ぐ騎手が多く存在します。
NAR(地方競馬全国協会)所属騎手の年収は、その地方により異なりますが、

ベテランジョッキーにもなると1000万円〜数千万円も稼ぎだす

騎手も数多くいます。
収入の多い騎手=騎乗回数の多い騎手ですから、騎乗のみに集中する為、バレット
(騎手の馬具の準備や手入れ等をする仕事)を個人的に雇用する騎手もいるようです。