押田純子騎手ならBe-Jockey

押田純子騎手のプロフィール

元JRA女性騎手である押田純子騎手のプロフィールです。
父親は障害騎手としていぶし銀の活躍を見せた押田年郎。
デビュー翌年に父親が騎手を引退し、父親のファン層の多くが娘である押田純子に注目した。 競馬学校に13期生として入学。

同期には秋山真一郎、板倉真由子、勝浦正樹、武幸四郎、村田一誠らがいる。

初騎乗は1997年3月1日、阪神第1競走でワンダーレベルワンに騎乗し、13頭立ての13着。

同年6月7日、中京第1競走でアワーデッドラブに騎乗し初勝利。

それから2年後の、

1999年5月30日、中京第3競走でキンザンウイニングに騎乗し2勝目を上げた。

湯浅三郎厩舎に1997年から2000年まで所属し、22歳だった2000年2月29日付で引退。
JRAでの出走機会は現役3年間で158戦中1着2回、2着2回(すべて平地競走)。
初騎乗
1997年3月1日
初騎乗馬
ワンダーレベルワン号
初勝利
1997年6月7日
初勝利馬
アワーデッドラブ号
通算成績
158戦2勝