増沢由貴子騎手ならBe-Jockey

増沢由貴子騎手のプロフィール

現役JRA女性騎手である増沢由貴子騎手のプロフィールです。
1996年、細江純子・田村真来とともにJRA初の女性騎手としてデビューした。

競馬学校卒業生として有名な「競馬学校花の12期生」の一人で、

同期にはGI勝利騎手の福永祐一や和田竜二などがいる。
競馬学校卒業時には最も優秀な卒業生として、

福永祐一騎手や和田竜二騎手を抑え、アイルランド大使特別賞を獲得するなど、

騎乗技術は高かった。女性らしく馬へのあたりがいいとも言われている。
初騎乗は1996年3月2日、中山競馬第1競走のダイワアサヒで、16頭立ての4着だった。

同年3月17日、中山競馬第5競走で、アラビアンナイトに騎乗し初勝利を飾る。

デビュー年に9勝し、翌1997年も11勝と勝鞍を増やす。JRAのCMで本木雅弘、鶴田真由と共演するなど、 実績、人気ともに存在感を見せた。

このCMでは騎手としての目標を聞かれ「GIレースに勝つこと」と返答した。

1998年末のレース中に落馬事故に巻き込まれ負傷。そして1年半近く加療休養に入り、2000年に復帰する。
2006年2月14日に増沢末夫の長男で調教助手の増沢真樹と結婚。結婚を機に一線を退くものと思われたが、しばらくは現役を続行すると宣言。同年3月1日から登録名が増沢由貴子に変更となった。
2008年増沢末夫厩舎の定年解散に伴い3月1日付でフリーとなった。夫は同日で新規開業した鹿戸雄一厩舎へ移籍しており、同じく鹿戸雄一厩舎所属となる可能性もあったが、騎乗機会を増やすためということでフリーとなった。
近年ではなかなか騎乗回数が増えないが、競馬ファンを大切にする一面があるので、男性・女性を問わず、若年層の競馬ファンからの評判は相当に高い。

2008年終了時で、JRA通算勝利数は34勝。

初騎乗
1996年3月2日
初騎乗馬
ダイワアサヒ号
初勝利
1996年3月17日
初勝利馬
アラビアンナイト号
通算成績
870戦34勝(2009年現在)