細江純子騎手ならBe-Jockey

細江純子騎手のプロフィール

元JRA女性騎手である細江純子騎手のプロフィールです。
高校在学中より騎手を志し、自転車通学やジムなどで基礎体力作りをした。
高校卒業後競馬学校に入学し、卒業後の1996年、

JRA初の女性騎手として牧原(現・増沢)由貴子、田村真来らとともにデビューした。

同年3月2日の中京競馬第1競走でデビュー、サファイヤリネンに騎乗し16頭立ての9着。

初勝利は同年5月12日の京都競馬12競走、レゾンデートルで挙げた。

デビュー年は、5/12京都12Rレゾンデートル、6/9中京7Rレゾンデートル、7/13小倉2Rカシノスピードの3勝をマークし、

夏には小倉競馬場で行われる重賞の北九州記念にも騎乗した。(9着)

1998年に柳田厩舎所属からフリーに転向。

1999年には日本の女性騎手としては初となる海外競馬(シンガポール)での勝利

を挙げ、2001年6月15日に騎手を引退。JRA(日本中央競馬会)での5年間の

通算成績は493戦14勝であった。

引退後は競馬評論家、解説者としてテレビ番組出演や雑誌・新聞での執筆活動をしており、多くの競馬ファンに愛されている。
初騎乗
1996年3月2日
初騎乗馬
サファイヤリネン号
初勝利
1996年5月12日
初勝利馬
レゾンデートル号
通算成績
493戦14勝