JRA騎手(日本中央競馬会所属)のことならBe-Jockey

JRA騎手(日本中央競馬会所属)とは

競馬騎手の中でも、JRA(日本中央競馬会)騎手とは、

JRA(日本中央競馬会)が主催する競走(レース)に出走するサラブレッドに騎乗

する騎手のことを指します。
日本の競馬施行体の中で最も大規模で、且つ人気のある競馬騎手となります。
JRA騎手の一般的な知名度は非常に高く、現在最も有名である武豊騎手をはじめ、
それぞれが日本ダービー(東京優駿競走)を勝利したダービージョッキーの、
  • 横山典弘騎手-(2009年/ロジユニヴァース号)
  • 安藤勝己騎手-(2004年/キングカメハメハ号)
  • 藤田伸二騎手-(1996年/フサイチコンコルド号)
  • 四位洋文騎手-(2007年,2008年/ウオッカ号,ディープスカイ号)
等、様々な有名騎手が所属しています。
最近では、三浦皇成騎手等、有望な若手ジョッキーも多く、かなりの人気を博しています。

JRA(日本中央競馬会)騎手の魅力

JRA騎手の魅力は人により異なり、また多数ありますが、
  • 知名度
  • 名誉あるレースの多さ
  • 高額なレースの賞金(進上金)
大きく分けると上記のような魅力があります。

日本を代表する競走である日本ダービー(東京優駿)、ジャパンカップ、有馬記念等を始め、

人生で1度でも勝てれば後世まで語り継がれる名誉あるレースが多数開催されています。
JRA所属騎手は誰しもが大きいレースを1つでも勝利することを夢見て、日々トレーニングや仕事に打ち込んでいます。
また、数ある競馬開催国の中でも、

JRA(日本中央競馬会)主催競走の入賞賞金は世界でも群を抜いて高額で、

日本ダービーが優勝賞金1億5千万円、ジャパンカップでは2億5千万円もの賞金が与えられます。 さらに有名なJPN G1(グレードワン)競走以外のレースでも、かなりの賞金が与えられます。
これもJRA騎手の魅力の一つでしょう。

JRA(日本中央競馬会)の騎手免許について

JRA騎手になるためには騎手免許が必要です。
競馬法第23条により、農林水産大臣の許可受け、

JRA(日本中央競馬会)騎手試験の施行及び免許交付

をしています。
またJRA騎手になる為の騎手試験を受験する為には、JRAが運営している中央競馬会競馬学校に入学し、JRA騎手免許試験に合格する必要があります。