競馬騎手(ジョッキー)の情報ならBe-Jockey

競馬騎手について

競馬騎手(きしゅ)とは、馬に騎乗し馬を操縦する人であり、職業です。
馬に騎乗するということは、どんな馬にでも跨れば、また馬車の上に乗れば騎手という扱いになりますが、 ここでは

JRA(日本中央競馬会)及びNAR(地方競馬全国協会)主催競走で騎乗し、競馬をする職業

についての情報を扱っています。

ジョッキー(jockey)という呼称の由来

英語で騎手を表すジョッキーとは、元々はジャックやジョンの蔑称であるジョックに由来します。
ジョックは後にジョッキーと訛り、単に競馬好きや馬好きを表す言葉になったそうです。
かつてイギリス競馬の施行体であったジョッキークラブも同様に、元々は競馬愛好家の集まりであったそうです。 現在のジョッキー=騎手といった意味になったのは19世紀以降のことで、騎手、調教師、馬主が 分業されたことがきっかけといわれています。

騎手免許について

日本で騎手になるためには騎手免許が必要です。
騎手免許はJRA(日本中央競馬会)とNAR(地方競馬全国協会)とで別々の免許になります。
日本では競馬法第23条により、農林水産大臣の許可受け、

JRA(日本中央競馬会)NAR(地方競馬全国協会)騎手試験の施行及び免許交付

をしています。
障害競走が行われる中央競馬では、平地競走と障害競走とで別の免許となっており、
地方競馬でも、北海道帯広市が主催するばんえい競馬も障害競走と見なされ、 平地競走との免許は別となります。